江苏夜网一号

に富んでおり、最後に、中断や熱心なサービスはもうありません。自分の仕事をするだけです。

「フライトアテンダントの若いマスター?チュンシンはあなたにとって非常に興味深く見えました、あなたは私を助ける必要がありますか?私の航空会社は何人かの上級管理職も知っています。」MuXianghuaという名前の男がこの瞬間に顔を出しました。鈴木ハルンを見て微笑んでください。

この鈴木家は、島国関東地方の有力者であり、事務所や会社であるだけでなく、鈴木クラブも有力であるため、気分を害することは容易ではなく、対象となることもあります。夢中になって、特に鈴木に似た鈴木春野家の将来の後継者。

ところが、鈴木春野の前に別の鈴木チャーがいたと聞きましたが、理由はわかりません。先月、鈴木家長の鈴木雄一が、次男鈴木ハルンがすべてを相続すると突然発表しました。

しかし、彼の無垢材の翔華はこれらを気にしません。彼にとって、将来の鈴木家が誰を引き継ぐかは問題ではありません。重要なのは、鈴木家と友達になる機会があるかどうかです。

今回は鈴木父と息子と一緒に歩いたそうですが、直属の上司である滝沢家からの命令によ南京桑拿按摩るものでした。しかし、最近の期間中、武翔華は滝沢家からの命令を再び受けなかったので、鈴木の父と息子を見つけるために彼は最新の命令に従わなければなりませんでした。

少し前まで、ムー?シャンファは華僑としてのアイデンティティを仲介者として利用し、滝沢家の指導の下、古代の地図を持って中国で家族を見つけ、個人的な会話をしました。協力の内容がようやく確定した日々、そして今、彼はこの中国への飛行で鈴木父と息子に同行した。

「余計なことはしないでください。今回は休暇のためにここにいるわけではあ南京楼凤论坛りません。」この時、「鈴木春の心」はムー?シャンファを冷たくちらっと見た。

「オーケー、オーケー、ヤングマスターチュンシン。」

鋭い視線は、ムーシャンファに有毒なヘビに見つめられているような感覚を与えた。まるで空気が突然冷たくなったかのように、彼は無意識のうちに首を縮めた。

側の鈴木雄一は、最初から最後まで目を開けなかった。

途中、鈴木家の父と息子は一言も話さなかったので、ムー?シャンファは言葉では言い表せない不思議な気持ちになりました。

鈴南京夜网木家の「父と息子」がコミュニケーションをとっていないことをムー?シャンファが知らなかっただけで、彼が知ることができなかった別のコミュニケ

Author: wsadws