北京的夜生活论坛

人生、少なくとも私。立ち上がって歩く機会もあります。」

羅長春はうなずき、「楽観主義は良いことですが、とにかく、あなたが完全に回復できることを願っています。」

多分それは幻想です、ガンホンはいつも丘長春を感じる手のひらを離した後、腰の後ろの負傷した位置にチクチクするような感覚があったように見えましたが、それはほんの一瞬でした。

「丘長春、なぜ村に来たの?」これがガンホンが一番知りたいことです。

羅秋は率直に言った:「私?私はソン?インによってここに連れてこられました、そして主な目的はあなたに会うことです。」

「ミス?イン?」ガン?ホンは驚いた。

羅秋は、リハビリ室のガラスの壁を見て、微笑んでいるかのように目を向け、このときソン?インがガラスの壁に手を押し付けているのを見て、顔がほとんど触れ、目を広げた。

「次回は彼女にお任せします。」羅秋は微笑んだ。「今日はとてもいい日になるはずだ。」

物理トレーニングルームの壁のそばのベンチで、ソン?インとガン?ホンは黙って座っていた。イン彼の目はしばらくの間角から離れて漂い、突然ガンホンに向きを変えた。

「そうだね!」

「ミス?イン」

は、ガン?ホンもこの瞬間に沈黙を破るつもりだったことがわかった。二人はお互いを見て、ソン?インは唖然とし、大声で笑い、ガン?ホンはリラックスした。

宋英は「ここ数日はどう?」南京楼凤论坛

とささやいた。ガンホンは真剣に言った。「私はできるだけ早く回復し、それから私の職に戻る。」宋英は

「何の職?洛秋に戻ると言った。 「あなたのそばにいますか?」

ガン?ホンは真面目な顔で言った。「その日、父は私がこれから丘長春に所属することをすでに発表していた」。

ソン?インは首を横に振った後、突然手を伸ばして顔を赤らめ、じっと見つめた。「正直言って、おじいちゃんを拒絶してみませんか。望まないのなら、おじいちゃんも。 ?「何のために、それを強制するわけではありませんでしょう

。ガン香港冷静に言った:」我々は子供の頃から訓練を受け、さまざまなスキルを習得されている私のような多南京桑拿楼凤网くの女の子、それらのほとんどは、無節操な手段により目的のために外のタスクを実行します体は私たちが使える道具に他なりません。インさん、私は彼らと比べてラッキーだと思いませんか?」

ソン?インは瞬きも勝利もしなかった。

しばらくして、ソン?インはため息をつき、手を離した。「それを忘れて、それが理由だけなら、おめで

Author: wsadws