南京夜生活桑拿

ィナークラインを食べる私を行い、答えはありません。

誰これを見て、茶色の髪のパンを持った女性はページを南京桑拿论坛めくり続け、それらを一つずつ紹介しました:

最後の1人、今年クラブに加入したばかりのメンバーであるGlacisは、タロットの分割をマスターし、毎回2pを請求

します。どちらを選びますか?

クラインは何の

礼儀もなしに答えました:Glacis氏。

責任者レセプションの美しい女性は2秒間沈黙していました、先生、グラシス氏は初心者としか見なされないことを事前に思い出させてください。

理解してください、私が私の決定に責任を負います。クラインは微笑んでうなずきました。

それから私に従ってください。かなり女性は起き上がってクラインをレセプションホールの隣のドアに案内しました。

あまり長くない廊下があり、最後には太陽の光、テーブルと椅子、新聞、雑誌、カードなどでいっぱいの開いた会議室がありました。 、ほのかなコーヒーの香りが漂い

ました。会議室から2部屋あると、レセプションを担当する美女がクラインに立ち止まり、ペースを上げ、最後まで歩いて、そっと叫びました。

グレイシスさん。 、誰かがあなたを神聖に探しています。

私?椅子の動きに伴って、驚きと疑いに満ちた声がすぐに鳴りました。

はい、どの神学校を使いたいですか?美しい女性は感情を込めずに答えました。

シトリンルーム、私シトリンのように、グレイシスは会議室のドアのそばに現れ、遠くないところ

で待っていたクラインを不思議そうに見ました。彼は30代の男性で、肌の色が濃く、瞳孔が濃い緑色で、髪が淡い黄色です。でも柔らかく、白いシャツと黒いベストを身に着け、胸にモノクルをぶら下げているので、気質はかなりいいです。

レセプションを担当する美女はあまり言わず、会議室の隣のシトリンルームを開けました。

悔い改めるクライン南京楼凤论坛が贈り物を返した、彼は続いてバックハンドでドアを閉めました。

こんにちは、私はグレイシスです。あなたがあなたのために私を選んでくれるとは思っていませんでした。グレイシスは紳士のように頭を下げ、すぐに部屋に入って、長いテーブルの後ろに座って、率直に言って、私はただ試しました私は神聖な経験が豊富ではありません。当分の間、私は良い占い師ではありません。あなたにはまだ悔い改める機会があります。

落ち着いて、心の中でアイテムを思い出し、同時に「まだ見つけられますか?」瞑想ます。 、カードをシャッ

Author: wsadws